女性も薄毛でクリニック受診の時代|原因と対策はセット認識が基本

原因に合った対策を講じる

女性

女性の場合、男性の薄毛とは違い原因も様々です。そのため、効果的な対策を講じたい場合は、原因に沿った改善策を実行することが重要となります。頭頂部が薄くなる症状は、ひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症が引き起こされている可能性が高いと言えるでしょう。ひこう性脱毛症の場合、シャンプーの回数が多いこと原因で起きてしまうため1日1回~2回を目安にしましょう。洗い過ぎは乾燥を進め、皮脂が足りずにフケを生む結果となります。天然成分が配合されている優しいシャンプーを使用し、正しいケアを心がけましょう。また、脂漏性脱毛症は頭皮を清潔に保たないことが原因で起こります。そのため、余分な皮脂をしっかりと落とし、頭皮環境を正常にしてあげることが大切です。分け目が薄い場合には、頭皮マッサージが効果的と言えます。分け目から薄くなる人の場合、同じ髪型や結んでいることが原因となるため、血行を良くして発毛を促進するために入浴時や入浴後にマッサージをしましょう。力を入れ過ぎないことがポイントです。

老化や間違ったヘアケアが原因で全体的に薄毛になってしまっている場合には、根本的な改善が必要となります。シャンプーをし過ぎず、洗い残しがないように気をつけることは基本です。また、ドライヤーもなるべく短時間で済ませるようにすることが大切です。白髪を隠そうとカラーやパーマをする人も多いですが、頭皮にダメージを与えてしまう場合があります。ダメージの少ないカラーリング剤を使用し、頻繁に行わないなどの対策をとりましょう。それ以外でも、食生活や生活習慣を整えることも大切です。円形に髪が抜ける症状はストレスが原因となっていることが多いため、精神的な負担を改善することが大切です。心と身体がリラックス出来る環境を作り、質の良い睡眠をとりましょう。出産後の薄毛は一時的なものですから、規則正しい生活習慣や食生活を意識しましょう。ただし、出産後に円形脱毛症を発症してしまう人も多いため、改善が見られないようなら医師に相談してみることも大切です。